(Missoni)の2016年春夏メンズコレクションがイタリア・ミラノで発表された。 インドへの旅を通じて生じた、感情や感覚の変貌。緩やかな時間の浸食や、文化と伝統の表現、繰り返される活力の創出がヨーロッパのマナーを捨て去り、アジアの心情的な覚醒を感じるコレクションを展開した。 力の抜けたシルエットと柔らかな、力強いカラーリングなど、アジア側からのマインドを強く反映した。素材にも、洗いざらしのやコットンのちりめん生地、シンボリックなニット、染めされたコットンなど個性的な面々が採用された。 エメラルドグリーンや朱色、インディゴは、ターメリックやマリーゴールドのようなイエローや、アメジストの輝きによってその色合いを増した。インドの情景がさまざま想起されるような、カラーの解け合いが感じられるパレット。その情景は、神聖な儀式であったり、忙しく働き回る市場であったり、はたまた琥珀色の砂漠や長く伸びる日没の光であったり 。 イレギュラーに組み合わせられたチェックや、漁師のユニフォームからインスピレーションを受けたデザインなど、古くからその世界で伝わる技術を完全に落とし込んで、再構築したが散見。ジャケットに着けられた4つのポケットや、から着想をえたのブレザー、パジャマが再解釈されたパンツなど様々なが取り上げられている。 また今シーズン初めて、バッグメーカー「(GLOBE-ルイヴィトンケースコピーTROTTER)」とコラボレブルガリブレスレットコピーーション。大ぶりのスーツケースやトローリーバッグなどが、ベージュとレッドのアイコニックなデザインで登場した。フットウェアでは、カリフォルニアのメーカーのサンダルが2展開。環境に優しい素材が採用された手縫いのマリブサンダルが、足元から鮮やかなパワーを放っている。